このような症状の方にヒプノセラピーはおすすめです♪

○自分のことが好きになれない

〇自分に自信が持てない

○漠然とした不安や寂しさを感じる

〇些細なことで傷ついてしまう

〇ネガティブな思考から離れられない

○憂鬱な気分から抜け出せない

〇親子関係に問題を感じる

 (共依存・過干渉・対立など)

○職場・学校などにおける人間関係が

 うまくいかない

〇恋愛、夫婦関係がうまくいかない

〇子育てに不安を感じる

○自分を優先することができない

〇やる気がでない

〇自分が自分でないような感じがする

○よく怒りを感じる・イライラする

○過度に緊張してしまう

〇狭いスペース、人混みなど特定の場所、

 特定の物が怖い

○人の顔色や評価が気になって仕方ない

○ストレスによる心身の不調を感じる

○やめたくてもやめられない習慣や癖がある

  この他の症状にも広く適応できます。

 

自分を好きになって、明るい気持ちでいきいきと生きることができるように、心をこめてサポートさせていただきます。

ヒプノセラピーの効果

ヒプノセラピー(催眠療法)とは

ヒプノセラピーは、催眠を用いた安全で有効な心理療法です。

この催眠とは、意識を保ちつつ、緊張を解き、深いリラックスした状態になることです。この状態になると、普段はアクセスしにくい潜在意識にアクセスしやすくなります。

この潜在意識こそ、悩みの解決や自分らしく生きるための大きな鍵を握っているのです。

ヒプノセラピーは潜在意識に直接働きかけ、そこにある悩みや不調の原因を見つけ出して癒し、改善へと導いていきます。

最初に丁寧にカウンセリングをさせていただき、年齢退行(幼児・胎内)、前世(過去世)療法、インナーチャイルドケア、暗示療法など、目的にあったヒプノセラピーを致します。

誘導していくのはセラピストですが、主体はあくまでご自身です。セラピストはいわば伴走者のような存在といえます。ヒプノセラピーを通して、ご自分と向き合い、癒し、あらためて自分自身と出会っていく…

そして本来の自分の輝きを取り戻し、なりたい自分へと変化していく…そんな素晴らしい体験をぜひ味わっていただきたいと願っています。

ヒプノセラピー(催眠療法)とは

潜在意識とは

潜在意識とは

意識には、顕在意識と潜在意識があります。顕在意識は、普段考えたり行動する時に使っているものですが、全体のわずか10パーセントに満たないと言われています。残りの90パーセント以上を潜在意識が占めているのです。潜在意識はいわばメモリーバンクのようなもので、顕在意識では認識できない記憶や感情など全てのものがこの中にあります。

潜在意識は自分を守るために働くので、思い出したくない辛い経験や味わった嫌な感情を奥深く閉じ込めます。頭で考えて思い出せなくても、それらのネガティブな情報はなくなったわけではなく、潜在意識の中に残り、私たちの思考や行動を制限し、影響を与え続けます。

このネガティブな記憶や感情を表に出して癒し、ポジティブなものとして受け取り直したり、有効な暗示を入れていくのがヒプノセラピーの手法です。


催眠とは

「催眠」と聞くと不安に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、意識がなくなるような状態になるわけではありませんのでご安心ください。「催眠術」ではありません。セラピストの言葉の誘導により、緊張を解き、非常にリラックスした状態になることです。

この状態のことをトランス状態といいますが、これは特別な状態ではなく、私たちは毎日の生活の中でごく自然に経験しています。たとえば、眠りに入る前や目覚める前のまどろんだ状態、本やテレビに夢中になって周りのことが全く気にならないような状態などです。意識はちゃんとあるので、言いたくないことを言わされたり、セラピストの思いのままに操られるようなことはありません。このリラックスした状態を味わうだけでも癒しを感じることができます。

催眠とは

お問い合わせ